グリーンアスパラガスの特徴とレシピ

¡Hola a todos!
Espero que se encuentren muy bien.


最近、健康志向の高まりとともに、一般的な食品より栄養価の高い「スーパーフード」が注目を集めています。
当ブログでは、数回にわたってラテンアメリカの代表的なスーパーフードをご紹介していきます!

今回は、日本でもお馴染みのグリーンアスパラガス(Espárrago)について取り上げます。
南米はアスパラガスの主要な生産地の一つであり、特にペルーはその気候条件と土地の特性を活かして、年間を通じてアスパラガスを栽培することが可能です。
このため、ペルーから世界各国への輸出が盛んであり、特にアメリカ合衆国やヨーロッパ向けの主要な供給源となっています。

アスパラガスは、ビタミンA、ビタミンC、葉酸、ミネラル、食物繊維などの豊富な栄養素を含んでいます。これにより、抗酸化作用や免疫力の向上、消化を助ける効果が期待されています。

アスパラガスといえば、肉巻きや炒め物に加えるのが定番ですよね。シャキシャキとした食感が料理を引き立ててくれます。
今回は、アスパラガスを使ったアレンジレシピをご紹介します🍳
生の魚介に柑橘類の搾り汁・香辛料・調味料などを入れたペルーの代表的な料理、セビーチェです。
爽やかなコリアンダーとライムが食欲をそそります。とても簡単に作れるので、ぜひお試しください✨


タコとアスパラのセビーチェ CCLY風

材料

  • アスパラガス
  • トマト
  • タコ(生食用)
  • コリアンダー
  • ライム汁
  • 塩、コショウ
  • チリペッパー(お好みで)

作り方

  1. タコを切りボウルに入れ、ライム汁、塩、コショウで和え冷蔵庫で冷やしておく。
  2. アスパラガスを茹でて3cmに切る。
  3. トマトを小さなダイス状に切る。
  4. コリアンダーをみじん切りにする。
  5. 全ての材料を混ぜ、お好みでチリペッパーを加え出来上がり。

¡Buen provecho!