6月のことわざその1/ Refrán de Junio 1

「Lo bueno, si es breve, dos veces bueno.」 【 良いものは、簡潔であれば、さらに良い】 このことわざはバルタサール・グラシアン・イ・モラレスによって書かれました。バルタサール・グラシアンは、スペイン黄金世紀の哲学者、神学者、イエズス会司祭者。 著作は後世の哲学者や思想家に多大な影響を及ぼした。特に『処世神託』(『神託提要・処世の術』とも、Oráculo manual y arte de prudencia、1647 年に出版した)は数百年を経て多くの言語に訳されている。 ことわざの意味は、良いものを取りすぎると悪くなる可能性があるということです。だから、良い物は簡潔と便利です。 Este refrán fue escrito por Baltasar Gracián y Morales, quien fuera un monje Jesuita, teólogo y filósofo. Su trabajo tuvo gran influencia en filósofos y pensadores de todo el mundo. Este refrán apareció en su obra […]

6月のことわざその1/ Refrán de Junio 1 Leer más »